10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

guri*

Author:guri*
忘れやすい母さんのおぼえがき
日々のこと、お弁当のことなど
食べたものを主に
ときどき、韓ドラや2PMも☆
JUNHOの声、最高!

最近の記事

カテゴリー

総訪問者数

月別アーカイブ

ブログ内検索

おバカちゃん注意報 ~ありったけの愛~

2017.08.17 22:51|韓国ドラマ
obakachan111.jpg

BS11で放送されていた
「おバカちゃん注意報 ~ありったけの愛~」
終わっちゃいましたね~

全く期待せずに見始めたけど
素敵なドラマでした

主演のイム・ジュファン
最近いろんなドラマに出てますね
どのドラマでも「好青年!」っていうイメージです

「屋根部屋のプリンス」の演出家が贈る
号泣必至の感動作!ってことでしたけど

号泣したか?どうかは記憶していないが
家族愛、恋愛、友情、上司や職場の仲間との愛
様々な愛に溢れていて
「ジーン」と心が温かくなる作品でした

困難に立ち向かう4人兄弟の長男
コン・ジュンスの生き方は
なかなか真似できません

父が再婚した相手の連れ子2人と
その後に生まれた妹の4人兄弟の家長になり
両親の死後、自分のことより兄弟を優先し
必死に家族を守っていく物語


20歳の時、突然不幸が襲います
幼すぎたために大人を信じられず
自ら犠牲になり、殺人犯として刑務所で10年間
服役することになってしまいます

けれど、服役後に出会った1人の女性が
自分の欲を一切捨てて兄弟の為だけに生きる彼を
少しずつ変えていきます


彼の人柄が人をひきつけ
廻りにいる人を動かし
最後には彼を信じて、寄り添って行きます

彼女が彼を信じてくれたことで
彼が変わることができたように思います


「信じる」って簡単なようで難しい
信じるには相手を知らないとできない

でも、知りたいと思う欲に勝てる強い心も
時には必要だったりする

また、優しい心が無ければ
些細な行き違いが誤解を産むことも


それから、
どこの家にも問題はつきもの
大人になるとその言葉の意味が
よく理解できます


子供の頃、父がよく言っていたこと

「よその家にあることは、自分の家にも起こる
だから、人様の家のことをうわさしたり
とやかく口出してはいけない!」と言われました

教育番組で誰だったか?
子育てについて語っていましたが

相手を思いやることができれば
子育ては終了なのだとか・・・
それ以上
教えることはないのだそうです


コン・ジュンスのように
人を思いやれる大人になっているだろうか?

子供達にも「思いやる気持ち」を
教えられているのだろうか?

彼の家族のように
互いを思いやれる
ほっこりした家族になっているだろうか?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント